×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

有機ゲルマニウムと無機ゲルマニウム

ゲルマニウムとは、原子番号32の元素です。半金属、又は、亜金属とも呼ばれています。金属でもなく、鉱物でもありません、最近、話題のレアメタルの一種です。ゲルマニウムには、有機ゲルマニウムと無機ゲルマニウムがあります。有機ゲルマニウムと無機ゲルマニウムでは、使用方法が相違します。また、二つのゲルマニウムは健康への効果のメカニズムが違います。無機ゲルマニウムには、毒性があり、絶対に飲用してはいけません。無機ゲルマニウムの毒性のために死亡事故が起きています。接触だけなら大丈夫です。
そのため、無機ゲルマニウムは、ゲルマニウムネックレスや貼付型ゲルマニウム粒などの健康機器に利用されています。また、アサイゲルマニウムは飲用に開発された有機ゲルマニウムです。健康増進のために、飲用ゲルマニウムとして、開発されました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ゲルマニウムの温浴療法

ゲルマニウム温浴とは、ゲルマニウムを含む化合物を溶かした42〜43℃の湯に、20分程度手足をつけて。温浴を行う入浴方法です。1984年頃、当時西武ライオンズの監督であった広岡監督が使用し、宣伝して知名度があがり、ブームとなった。現在では、痩身美容・リラクゼーション等に他の療法と組み合わせて、使用されている。サウナ・岩盤浴と並び温熱療法の一つとして存在している。主な効果として、血行促進、発汗、冷え性・肩こりの改善、体内の酸素を豊富にする、老廃物の排泄、インターフェロンの誘発などによる体質改善効果が挙げられている。しかし、これらの効果は科学的に臨床実証されているわけでなく、科学的根拠は不明である。ゲルマニウムの皮膚からの吸収はほぼないと考えられている。

ゲルマニウムの人体に対する影響

ゲルマニウムの人体に対する影響としては、貧血に効果がある、無機ゲルマニウムを身に着けることで疲れが取れる、新陳代謝を活発にする、などといった効能があるとされている。そのために、ゲルマニウムを使った健康器具類が販売されている。そのような効能、効果は医学的に証明されておらず、感じられるの段階である。医療器具として許可を得た製品もあるが、ゲルマニウムが医療器具として許可が承認されているものは、「指圧」「つぼ」治療器としてである。だから、ゲルマニウムそのものに効果と言えるものはない。ある種のゲルマニウム化合物が癌に効果があるという研究もあるが、これも不明瞭な域を脱していない。臨床試験に携わった研究者によっては危険性を提示されているケースもある。

スポンサードリンク

Copyright © 2007 ゲルマニウムの効果